令和4年就業構造基本調査を実施します

1調査の概要

この調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として、5年ごとに実施する調査です。

調査は、ふだん仕事をしているかどうか、就業に関する希望や就業異動、育児・介護の有無などを調べることにより、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的としています。調査を通して得られた結果は、雇用政策をはじめ、経済政策などに活かされています。

(注)調査方法や回答方法などの詳細については、以下のキャンペーンサイトからご確認ください。

令和4年就業構造基本調査キャンペーンサイト(外部リンク)

2調査の期日

 令和4年10月1日現在

(注)9月上旬から調査員が調査区の世帯を訪問しますので、調査へのご協力をお願いします。

3調査の対象

全国で無作為に抽出された約54万世帯、15歳以上の世帯員約108万人を対象とします。

阿蘇市では、無作為に抽出された150世帯の15歳以上の方が対象となります。

4インターネットによる回答がおすすめです

パソコン、スマートフォン、タブレットから、24時間いつでも回答できます。

インターネット上のデータ送受信は、暗号化してあり、安全に通信を行うことができます。詳しい利用方法は、調査票と一緒に配布します「インターネット回答のための操作ガイド」をご覧ください。

5調査員について

調査員は、それぞれの顔写真がついた調査員証を携帯しています。不審に思われることがありましたら調査員証の提示を求めるようお願いします。

(注)調査にあたって対象世帯に金品やクレジットカードの番号等の提供を求めることはありません。「かたり調査」にご注意ください。

6個人情報の保護

調査票に記入されている内容は、統計法に定められている目的以外(税の資料など)に使用されることはありません。また、統計法に基づき、調査内容の秘密は厳守されますので、安心してご回答ください。

7関連リンク

総務省統計局(外部リンク)

  • 総務部 企画財政課
  • 電話 0967-22-3204