乳幼児医療費助成制度

「乳幼児医療費助成制度」とは、乳幼児の疾病の早期治療を促進し、健康の保持と健全な育成を図るため、医療費を助成する制度です。

対象者

阿蘇市に住所を有する者で、0歳から6歳になって最初の3月末日(小学校就学前)までの方。

助成額

全額助成(通院・入院・歯科・薬局すべての医療機関)
保険適用外(入院中の食事代・領収書に自費とあるもの)に関しては、対象となりません。

乳幼児医療受給者証手続き

次のものをそえて、お近くの各支所又は市役所へ申請してください。
1.健康保険証(お子様の氏名が記載されているもの)
2.印鑑
3.口座

医療費助成申請方法

下記の3通りの方法がありますので、利用しやすい方法を選択してください。

【現物給付(窓口無料化)】

阿蘇市内の医療機関及び薬局の外来において、乳幼児医療費の一部(保険給付による一部負担金)が、現物給付(窓口での支払い無し)で受けられます。

1 現物給付を受けるには
対象医療機関・薬局の窓口で、毎回必ず「乳幼児医療費受給者証」と「保険証」を提示してください。現在「(1)乳幼児医療費受給者証」 をお持ちでない方は、再交付の申請をしてください。
※注意
「乳幼児医療費受給者証」と「保険証」の提示がない場合は、下記の2つの方法(償還払い)により一旦、医療機関等の窓口で医療費を支払うことが必要になります。

2 現物給付の対象とならないもの(償還払いになります。)
(1) 「乳幼児医療費受給者証」と「保険証」の提示がない場合
(2) 平成20年3月以前に受診したものの医療費
(3) 入院の医療費
(4) 阿蘇市外の医療機関・薬局で診療を受けた場合
(5) 育成医療・未熟児医療・スポーツ保険等他の助成に該当する場合

3 医療費の返還
転出や対象外年齢到達後など受給資格を喪失しているのに、現物給付で助成を受けて支払いをしなかった場合、医療費を返還してもらいます
※注意
転出、対象外年齢到達等により阿蘇市乳幼児医療費受給資格を喪失したときは、速やかに受給者証を市役所又は各支所の窓口へ返還してください。

【市役所又は各支所に直接請求する方法】

受診した医療機関等窓口において医療費を支払い、所定の申請書(市役所または各支所窓口備え付けの申請書)に医療機関の発行する保険点数と一部負担金の記載があるもの(領収書等)を一か月分ごとに添付し、市役所もしくは各支所の窓口に直接提出する。

乳幼児医療費助成申請書[12KB]

【診療時に医療機関で申請する方法(市役所に来る手間が省けます)】

受診した医療機関等窓口において医療費を支払い、所定の申請書(※医療機関等窓口備え付けの申請書)に記入(受給者証提示・印鑑必要)し、1ヵ月あたり1医療機関1診療科ごとに手数料100円(自己負担)を支払う。

※一部で取り扱いができない医療機関、保険薬局がありますので、取り扱いについてそれぞれの窓口でご確認ください。

申請時の注意点

  1. 申請できる期間は、診療受けた日の属する月の末日から起算して1年以内です。それまでに申請されない場合は無効になります。
  2. 申請の提出書類は、医療機関の領収書等(氏名・保険点数・金額記載のもの)の添付で受け付けますが、レシートでの受付は出来ませんのでご了承ください。(県外で医療機関にかかられる場合は、領収証がレシートで出される可能性がありますので、事前に申請書を持って行き証明等を受けてください。)
    ※申請書、証明書は共に市役所または各支所窓口に備え付けてあります。
  3. 高額医療費の支給対象となる場合は、加入保険で手続き後、払い戻しを証明する書類を添付のうえ申請して下さい。
  4. 加入保険に附加給付がある場合は、一部負担金から附加給付金を控除した額を助成することになりますので、加入保険の附加給付額をご確認ください。
  5. 申請書は1つの医療機関につき1枚(病院・薬局は別々に)1月につき1枚申請してください。
  6. 住所・受給者・加入保険・振込口座に変更があった場合は、福祉課まで必ず届けてください。
  7. 阿蘇市から転出される場合は受給者証を福祉課まで返還ください。

附加給付制度とは?

加入保険が規定しているもので、入院等により一ヶ月の医療費(1つの医療機関)が基準額以上になった場合、加入保険から基準を超えた額を支給されます。

入院等に係る乳幼児医療費助成制度は、この附加給付金と二重に支払いをしない為にも、病院の窓口で支払っていただいた後、附加給付金を確認後助成しています。

附加給付の支給基準がわからない方は、お勤め先または加入保険組合へ、ご確認ください。

  • 市民部 福祉課
  • 電話 0967-22-3167