新型コロナウイルス感染症による母性健康管理措置  

働く妊婦の方は、職場の作業内容によって新型コロナウイルス感染症への不安やストレスを抱えています。
こうした方の母性健康管理を適切に図ることができるよう、男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理上の措置として、新型コロナウイルス感染症に関する措置を新たに規定しました。

現在の従事している作業等が、母体または胎児の健康保持に影響があると主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出た場合、事業主はその指導に基づいて必要な措置を講じなければなりません。
妊娠中の方々が心身に不安を抱えながら仕事を続けることがないように、「母性健康管理指導事項連絡カード」等も利用しながら事業主に伝えていきましょう。

この措置の対象期間は、令和2年5月7日から令和3年1月31日までです。
詳細は、添付文書及びリーフレットをご参照ください。

厚生労働省からのお知らせ[469KB]
  • 市民部 ほけん課 健康増進室
  • 電話 0967-22-5088 FAX 0967-22-0077