戸建て木造住宅の耐震設計及び耐震改修費用の補助

戸建て木造住宅の耐震化を促進し、安全で安心なまちづくりを目指すことを目的に、耐震設計と耐震改修を行う住宅の所有者に対して費用の一部を補助します。

平成30年度耐震設計の補助を受けられる条件

  • 阿蘇市内に存在する戸建木造住宅に居住の用に供しているもの(アパートは含まない)
  • 熊本県戸建木造住宅耐震診断士派遣制度(注1)の耐震診断(一般診断)を受け、耐震性能を満たしていない(上部構造評価点が1.0 未満)住宅補助対象者 

  (注1)熊本県戸建木造住宅耐震診断派遣制度については、奇数月の受付で、下記連絡先までお問い合せください。

  • 耐震診断派遣制度についてのお問い合わせ及び申し込み先

      (一財)熊本県建築住宅センター
       住  所:熊本市中央区水前寺6-32-1
       電話番号:096-385-0771

平成30年度耐震改修工事の補助を受けられる条件

次の1から4の項目に全て該当する住宅及び5に該当する住宅が対象住宅となります。

  1. 阿蘇市内に存在する戸建て木造住宅で、現に居住の用に供しているもの(アパートは含まない)
  2. 昭和56 年5 月31 日以前に着工した戸建て木造住宅(一部併用住宅を含む)
  3. 在来軸組構法によって建築された地上階数が2以下の住宅
  4. 過去に阿蘇市住宅・建築物耐震診断事業補助金交付要綱に基づく耐震診断(精密診断)を受け、耐震性能を満たしておらず(上部構造評価点が1.0 未満)、耐震改修工事を着手していない住宅
  5. 熊本県戸建木造住宅耐震診断士派遣制度(注1)の耐震診断(一般診断)を受け、耐震設計を実施された後、耐震改修工事を着手していない住宅

補助対象者

  • 補助対象住宅を所有している者で、市税等の滞納がない方
  • 住宅の共有者がいる場合は、事業の実施について全員の承諾が得られる方

補助金の額と募集戸数

■耐震設計

  • 助 成 額 :設計に要する経費の3分の2以内の額で、1戸につき20万円を限度とします。
  • 募集戸数:3戸

●耐震改修

  • 助成額:改修に要する経費の2分の1以内の額で、1戸につき60万円を限度とします。
  • 募集戸数:3戸(耐震診断の結果報告で、上部構造評価点が1.0未満と評価された住宅に限り対象住宅となります。)

(注2)設計・改修に要する経費を超える費用は自己負担となります。

募集期間

平成30年6月1日(金曜)~10月31日(水曜)まで
受付時間:午前9時から午後4時まで(土・日、祝日を除く)

問い合わせ

土木部 建設課 建築営繕係 電話0967-22-3187

  • 土木部 建設課
  • 電話 0967-22-3187