災害援護資金の貸付

平成28年7月31日をもって受付を終了しました

自然災害により被害を受けた世帯の世帯主に対し、生活の立て直しのため災害援護資金として、次のとおり貸付を受けることができます。

貸付限度額

【世帯主が負傷している場合】

被害の種類や程度 限度額
① 家財についての被害金額がその家財の価額のおおむね3分の1以上である損害(以下「家財の損害」という。)及び住居の損害がない場合 150万円
② 家財の損害があり、かつ、住居の損害がない場合 250万円
③ 住居が半壊した場合 270万円
④ 住居が全壊した場合 350万円

 【世帯主が負傷していない場合】

被害の種類や程度 限度額
① 家財の損害があり、かつ、住居の損害がない場合 150万円
②  住居が半壊した場合 170万円
③ 住居が全壊した場合(④の場合を除く。) 250万円
④ 住居の全体が滅失し、又は流失した場合 350万円

 申請に必要なもの

  1. 災害援護資金借入申込書
    ※借入申込書の提出については平成28年7月31日までが期限となります。
  2. 前年に他の市町村に居住していた場合は、当該世帯における前年度の所得証明書
  3. 世帯主が負傷している場合には療養見込期間及び療養概算額を記載した診断書
  4. 身分証明書のコピー(運転免許証、健康保険証など)
  5. 罹災証明書(半壊以上の場合)
  6. 印鑑

その他

  1. 償還期間は10年となりますが、繰上償還や償還金の支払猶予を受けることも出来ます。
  2. 利率については、措置期間中(償還期間10年のうち3年間)は無利子とし、措置期間経過後は3%となります。
  3. 償還は年賦又は半年賦とし、元利均等償還の方法となります。
  4. 貸付を受けられる方は、必ず連帯保証人が必要となります。
  5. 市税・水道料・保育料等に未納がある方は、借り入れできません。
  6. 世帯で一定の所得がある場合には借り入れできません。

 

  • 市民部 福祉課
  • 電話 0967-22-3167