懲戒処分の公表(令和2年10月30日付け)

懲戒処分の公表

次のとおり懲戒処分等を行いましたので、阿蘇市懲戒処分の指針に基づき公表します。

【処分日】
令和2年10月30日付け

【処分対象者と処分内容】

所属 年齢 処分内容
 総務部 係長 50歳 懲戒処分(停職5月)

【処分事案の概要】
被処分者は、令和元年度において、当時、教育部の係長の職にあったが、外部団体の事務を担当し、当該団体の会計処理に関して、現金による不適正かつ不透明な出納管理、支払い遅延などを行い、また、他の外部団体の実績報告書及び戻入金の取り扱いに関しても、事務処理の遅延、公金の不透明な取り扱いなど、不適正な会計処理、事務処理及び公金管理を行った。

本件は、職務上の義務に違反し、全体の奉仕者たるにふさわしくない非行であり、これまで積み重ねてきた教育行政の信頼を失墜させるばかりでなく、公務全体の信用を損ない、公務全体の不名誉となるものである。

よって、地方公務員法第29条第1項第2号及び第3号の規定に基づき、懲戒処分とし、停職とする。

 

【処分日】
令和2年10月30日付け

【処分対象者と処分内容】

所属 年齢 処分内容
教育部 課長 57歳 懲戒処分(戒告)

【処分事案の概要】
本件は、令和元年度において、当時、教育部の係長の職にあった部下職員が、外部団体事務を担当し、当該団体の会計に関して、現金による不適正かつ不透明な出納管理、支払い遅延などを行い、また、他の外部団体の実績報告書及び戻入金の取り扱いに関しても、事務処理の遅延、公金の不透明な取り扱いなど、不適正な会計処理、事務処理及び公金管理を行ったものである。

被処分者は、所管課長として管理監督責任を有するが、部下職員の不祥事を招いたことは、管理監督者としての指導監督に適正を欠き、これまで積み重ねてきた教育行政の信頼を失墜させるばかりでなく、公務全体の信用を損ない、不名誉となるものであり、その責任は、重大である。

したがって、地方公務員法第29条第1項第2号の規定に基づき、懲戒処分とし、戒告とする。

 

 

市民の皆様をはじめ、多くの方々に対しまして、市政並びに教育行政に対する信頼を損ない心から深くお詫び申し上げます。

本日、本件に関わった職員に対し、厳正な処分を行いました。

今後は、全職員を対象として、会計事務の厳格な取扱い、綱紀の保持について周知徹底を図るとともに、外部団体等の会計に係る通帳や帳簿などを所属長が定期的に監査、確認するなど、適正な管理体制を構築し、再発防止に向け一層の緊張感をもって職務に取り組み、市政の信頼回復に努めて参ります。

  令和2年10月30日

       阿蘇市長 佐藤 義興

  • 総務部 総務課
  • 電話 0967-22-3111