【火口規制情報】噴火警戒レベル2、火山の火口周辺規制の発表

 

現在の状況 火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)

令和6年1月23日15時、気象庁福岡管区気象台は、阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2)を発表しました。

<阿蘇山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
中岳第一火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ>

阿蘇山では、本日(23日)実施した現地調査で、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日あたり2000トンと多い状態でした。
GNSS連続観測では、2023年12月頃から深部にマグマだまりがあると考えられている草千里を挟む基線及び広域の基線において伸びの傾向が認められています。

阿蘇山では火山活動が高まっていることから、中岳第一火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があります。

阿蘇火山防災会議協議会は、火口から概ね1キロメートルの範囲の立入り禁止を実施します。

  • 阿蘇中岳火口見学や千里ヶ浜への立ち入りができません。
  • 千里ヶ浜や阿蘇山上広場までは通行が可能です。
  • 阿蘇山麓の市街地の道路規制はありません。
阿蘇火山火口規制情報
阿蘇山の活動状況(気象庁)
阿蘇山登山情報(熊本県阿蘇地域振興局)
  • 総務部 防災情報課
  • 電話 0967-22-3232