オミクロン株対応ワクチン追加接種(令和5年秋開始接種)について

無料(全額公費)での接種は令和6年3月31日で終了します。令和6年4月以降は、接種時期や自費で接種を受ける場合の価格などは厚生労働省が検討しています。無料での接種をご希望の方は、お早めに予約のうえ接種をお願いします
熊本県が設置していた武田社製のワクチン(ノババックス)の接種会場は、令和5年12月20日(水)をもって終了します。接種をご希望の方は、お早めに予約のうえ接種をお願いします

接種の目的

令和5年秋開始接種では重症者を減らすことを目的とし、初回接種を終了した生後6か月以上の全ての方が、期間中に一人1回、オミクロン株(XBB.1.5)に対応した1価ワクチン(XBB対応ワクチン)の接種を行っています。

このページは12歳以上の方への案内ですので、12歳未満の方への接種は次のリンクをクリックしてください。
小児(5~11歳)接種はこちら
乳幼児(生後6ヶ月~4歳)接種はこちら

接種対象者

次のすべての条件を満たす方

接種期間

令和5年9月30日~令和6年3月31日
注)この期間中に1人1回の接種になります。

接種するワクチン

オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(ファイザー社)

XBBワクチンの効果について

接種を受ける際の費用

無料
注)新型コロナワクチン接種を無料で受けられる特例臨時接種の期間は令和6年3月31日までです。
注)接種に係る費用は無料ですが、医師から解熱鎮痛剤(熱さまし)等のお薬を処方された場合は有料になります。

接種までの流れ

次のような流れでワクチンを接種することになります。

1.接種券などが届く

接種券は最後に接種してから3ヶ月経過してからお送りしています。接種券がお手元にない場合は、阿蘇市新型コロナワクチン接種対策班(電話0967-22-5670)にお電話ください。

2.予約する

接種券をお手元に用意してから、次のいずれかの方法でご予約ください。

  • 阿蘇市新型コロナワクチン予約センターに電話予約
    電話番号:096-352-8000
    受付時間:午前9時~午後5時30分(土日祝は除く)
    医療機関への直接の電話予約はできません
  • インターネットの予約はこちら

<接種実施医療機関>

医療機関名 住所
阿蘇やまなみ病院 一の宮町宮地115-1
一の宮整形外科 一の宮町宮地1801-1
大阿蘇病院 一の宮町宮地5833
古閑医院 一の宮町宮地1446-1
松見内科クリニック 一の宮町宮地4735-6
阿蘇温泉病院 内牧1153-1
家入整形外科 内牧353
小野主生医院 内牧227-12
問端内科 内牧115
脇胃腸科 内牧1049
坂梨ハートクリニック 小里249-2
阿蘇医療センター 黒川1266
市原胃腸科外科 黒川1484
波野診療所 波野2703

注)阿蘇やまなみ病院の予約は直接お電話ください。(阿蘇やまなみ病院のホームページ)をご参照ください。
注)予約の変更、キャンセルの連絡は阿蘇市新型コロナワクチン予約センター(電話096-352-8000)にお電話ください。休日・祝日の場合は、予約した医療機関に直接お電話ください。
注)阿蘇立野病院・上村医院での接種は、南阿蘇村コールセンター(電話0120-203-228)にお問い合わせください。

  • 武田社製のワクチン(ノババックス)接種をご希望の方へ
    【対象者】
    強い副反応やアレルギー等により、医師の判断でmRNAワクチンを接種できない方
    【接種場所】
    熊本地域医療センター等
    (注)予約の方法など詳細については熊本県ホームページ(ノババックスワクチンのページ)をご覧ください。
    (注)令和5年12月20日(水)をもって接種を終了します。接種をご希望の方はお早めに予約をお願いします。

3.予約した日時に接種を受ける

接種の際には、封筒の中身一式と本人確認書類(保険証、運転免許証など)をご持参ください。また、12歳から15歳までの方の接種は保護者の同伴が必要です。保護者が同伴することができない場合は、お子様の健康状態を熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。保護者以外が同伴される場合は、委任状[70KB][準備中]をご持参ください。

接種を受ける際の同意

ワクチン接種は、対象となる皆さまに受けていただくようお勧めしていますが強制ではありません。
接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることのないようにお願いいたします。

ワクチン接種後の副反応について

一般的に、ワクチン接種後は免疫をつける反応が起こるため、副反応(発熱、頭痛、疲労感など)が出ることがありますが、多くの場合は数日で軽快します。
症状が出て数日してもよくならない場合や、接種後に気になる症状が出た場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。夜間の場合は、土日祝日を含む24時間対応の熊本県の専門的相談窓口(電話096-285-5622)にお電話ください。

また、厚生労働省のホームページでは、今までに報告された新型コロナワクチンの接種後の副反応(副作用)に関する情報は、こちら(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。

予防接種健康被害救済制度

ワクチン接種後の副反応は、多くの場合数日で軽快しますが、健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの起こりうる場合があります。そのような場合の救済措置として「予防接種健康被害救済制度」が設けられています。
予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残った場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
なお、現在の救済制度の内容については、こちら(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。

その他

他の予防接種との接種間隔について

他の予防接種(インフルエンザの予防接種を除く。)を新型コロナワクチンと同時に接種しないでください。
前後に他の予防接種(インフルエンザの予防接種を除く。)を行う場合は、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

住所地外接種届について

新型コロナワクチンは、原則住民票所在地の市町村で接種を受けることとなりますが、住民票所在地の市町村と実際に居住する市町村が異なり、実際に居住する市町村において接種を希望する場合は、居住する市町村であらかじめ手続きが必要です。
注)入院・入所中の方や、基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合は、住所地外接種届出済証がなくても他市町村で接種することができます。

阿蘇市外に住民票があり、居住地が阿蘇市にあって接種を希望される方は事前に届出を行い、住所地外接種届出済証の交付を受ける必要があります。
注)これまでの接種で住所地外接種届出済証の交付を受けている方でも、再度届出が必要になります。

住所地外接種届(阿蘇市での接種)[244KB][準備中]

(必要書類)
1.住所地外接種届
2.接種券の写し(住所地外の市区町村で発行されたもの)
3.本人確認書類(運転免許証、保険証等)

新型コロナワクチン専用相談窓口

【阿蘇市新型コロナワクチン接種対策班】
阿蘇市の新型コロナワクチン接種に関すること等
電話番号:0967-22-5670(お知らせ端末も同じ)
ファックス:0967-22-5675
<対応時間 … 8:30~17:15(平日)>

メールでのお問い合わせはこちら

【熊本県新型コロナウイルスワクチン専門的相談窓口】
医学的知見が必要となる専門的な相談(夜間に副反応等の症状で病院に受診した方が良いと思われる場合や接種後3日経っても腫れているが医療機関を受診した方が良いか)等
電話番号:096-285-5622
<対応時間 … 24時間(土日祝含む)>
熊本県の相談窓口ホームページはこちら

【厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター】
新型コロナワクチン接種の在り方(接種の優先順位等)について等
電話番号:0120-761-770
<対応時間 … 9:00~21:00(土日祝含む)>
厚生労働省コールセンターのホームページはこちら

【ワクチンのメーカー】
ファイザー社製のワクチンの情報
ファイザー社のホームページはこちら

  • 阿蘇市新型コロナワクチン接種対策班
  • 電話 0967-22-5670
    FAX 0967-22-5675
    お知らせ端末 22-5670