住民基本台帳ネットワークシステム

注意
平成28年1月以降、住民基本台帳カードの交付は行っていません。
有効期限内であれば、そのまま使用はできます。
住民票コードは行政機関以外で聞かれることはありませんので、教えないでください。
行政機関においても法律で決められた事務にしか利用できません。
住民票コードを忘れた場合は、住民票コード記載の住民票の写しを有料(200円)で取っていただくしか方法がありませんので、ご自分で住民票コードがわかるようにしておいてください。

住民基本台帳ネットワークシステムの概要(熊本県ホームページ)