マイナンバーカードを利用したコンビニでの各種証明書の交付が始まります

マイナンバーカードを利用して全国各地のコンビニエンスストアに設置してあるマルチコピー機(多機能端末)から各種証明書を交付できるようになります。

利用開始日:平成31年2月1日(金曜)から

利用の際にはマイナンバーカード交付時にご本人が登録した利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)が必要になります。(マイナンバーカード交付時に全ての方に「設定暗証番号記載票」をお渡ししています。)

市役所及び内牧支所に設置しています証明書自動交付機は機器更新の時期を迎える平成31年9月末で利用を終了します。
これに伴い、より便利なマイナンバーカードを利用したコンビニエンスストアでの各種証明書の交付サービスを開始することにしました。
また、「阿蘇市民カード」及び「阿蘇町住民カード」は印鑑登録証として引き続き取り扱いますので大切に保管してください。

【お知らせ】
交付手数料は窓口での交付も含め平成31年1月1日から1通200円の証明書は300円になります。よって、以下にはコンビニ交付開始時点(平成31年2月1日)での金額を表示しています。

 1 コンビニで交付する証明書

(1)住民票の写し(世帯全員・一部)1通300円

  • 阿蘇市に住民登録がある人(本人及び同一世帯員)に交付します
  • 除票の写しは交付しません。
  • 個人番号及び住民票コードは記載しません。

(2)住民票記載事項証明書(世帯全員・一部)1通300円

  • 阿蘇市に住民登録がある人(本人及び同一世帯員)に交付します
  • 個人番号及び住民票コードは記載しません。

(3)印鑑登録証明書(本人分のみ)1通300円

  • 阿蘇市に住民登録があり、印鑑登録をしている人に交付します

(4)所得証明書(本人分のみ)1通300円(当該年度分のみ)

  • 阿蘇市に住民登録(1月1日現在)があり、申告等が済んでいる人に交付します

(5)課税台帳記載事項証明書(本人分のみ)1通300円(当該年度分のみ)   

  • 阿蘇市に住民登録(1月1日現在)があり、申告等が済んでいる人に交付します

(6)戸籍証明書(全部事項証明書・個人事項証明書)1通450円

  • 阿蘇市に本籍がある人(本人及び同一戸籍の人)に交付します。同一戸籍内において婚姻等で除籍された人の証明書も交付しますが、全ての人が除籍された証明書は交付できません。   
  • 除籍謄本等は交付しません。
  • 阿蘇市に住民登録がない人であっても、阿蘇市に本籍がある人には交付します。
    ただし、利用登録申請が必要になります。

 (7)戸籍の附票の写し(附票全部証明書・附票個人証明書)1通300円

  • 阿蘇市に本籍がある人(本人及び同一戸籍の人)に交付します   
  • 除かれた附票の写しは交付しません。
  • 阿蘇市に住民登録がない人であっても、阿蘇市に本籍がある人には交付します。
    ただし、利用登録申請が必要になります。

2 利用場所

阿蘇市の店舗を含む全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、イオン九州(イオン、ホームワイド等)での利用を予定しています。

  • 対応していない店舗もありますので、事前にご確認ください。

3 利用時間

  • 午前6時30分から午後11時まで(12月29日から1月3日までは利用できません)
  • ただし、戸籍証明書及び戸籍の附票の写しについては、平日の午前8時30分から午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日は利用できません)

4 利用方法

コンビニエンスストアに設置してあるマルチコピー機の画面の説明に従い、申請者本人が操作を行います。
詳しくは、次の外部リンクをご確認ください。

証明書の取得方法(外部リンク)

 5 戸籍証明書交付の利用登録申請

阿蘇市に住民登録がない人であっても、阿蘇市に本籍がある人は、事前に利用登録申請をすることで戸籍証明書及び戸籍の附票の写しをコンビニで交付することができます。

  • 申請から登録まで開庁日で最長5日必要です。
  • 利用登録申請後、住民登録に異動があっても戸籍証明書等の交付はできます。
  • 婚姻等で戸籍が変わっても新しい戸籍が阿蘇市であれば引き続き交付できます。なお、阿蘇市外に戸籍が編製された場合、証明書は交付されません。

(1)マルチコピー機での利用登録申請

  • コンビニに設置してあるマルチコピー機で利用登録申請する場合、次の外部リンクをご確認ください。
本籍地の戸籍証明書取得方法(外部リンク)

(2)電子申請での利用登録申請

  • 自宅等にあるパソコンで利用登録申請する場合、次の外部リンクから登録することができま 
    す。マイナンバーカードとカードリーダーを用意してください。
戸籍証明書交付の利用登録申請サイト(外部リンク)

 6 コンビニ交付の注意点

  • マルチコピー機は、マイナンバーカードを持参された方が操作しますが、利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁)の入力が必要です。入力を3回連続で失敗すると使用できなくなり、再設定が必要になります。
  • コンビニで交付する証明書は窓口で発行するものとは様式や認証文が一部異なる部分がありますが、証明内容には変わりはありません。
  • 証明書が複数枚になる場合でも、ホッチキス留めはされませんので、ご注意ください。また、最後のページのみに認証文及び公印が印字されます。
  • 交付手数料が免除となる場合であっても、コンビニ交付を利用される場合には手数料が必要です。
  • 手続きの誤りにより必要ではない証明書を取得された場合であっても、返金や証明書の取り換えはできませんので、くれぐれもお間違いがないようにしてください。

(1)住民票の写し、住民票記載事項証明書

  • 死亡者、転出者、転出予定者を含む証明書は交付できません。
  • 同一住所であっても世帯が別になっている人の証明書は交付できません。
  • 交付制限がかかっている人及びその人を含む世帯の証明書は交付できません。

(2)印鑑登録証明書

  • 死亡者、転出者、転出予定者の証明書は交付できません。
  • コンビニ交付では阿蘇市民カード及び阿蘇町住民カードは利用できません。窓口で請求される際に提示してください。
  • 戸籍届出(婚姻等)で「氏」が変わった場合、印鑑登録は自動的に廃止されます。(ただし、「名」の印鑑で登録している人は廃止されません。)必要な人は新たに印鑑登録申請をしてください。 

(3)所得証明書、課税台帳記載事項証明書

  • 死亡者、転出者、転出予定者の証明書は交付できません。
  • 交付制限がかかっている人の証明書は交付できません。
  • 課税情報は毎年6月1日(閉庁日の場合、次の開庁日)に年度の更新をします。更新後は過年度分の証明書は交付できません。過年度分は窓口で交付できます。
  • 扶養親族の方であっても、本人が申告していない場合、証明書は交付できません。

(4)戸籍証明書(全部事項証明書・個人事項証明書)、戸籍の附票の写し(附票全部証明書・附票個人証明書)

  • 「除籍及び改製原戸籍」、「除籍の附票及び改製原戸籍の附票」は交付できません。
  • 婚姻届、離婚届、死亡届等の戸籍届出を行った場合、事務処理が完了していない証明書は交付できません。(最長で2週間程度かかります。)

7 その他

  • 今まで通り窓口でも各種証明書の交付を行いますので、マイナンバーカードをお持ちでない方や暗証番号をお忘れになった方等はご利用ください。
  • 暗証番号をお忘れになった方は、再度設定する必要がありますので、市民課及び各支所市民係にマイナンバーカードをご本人が持参してください。
  • 暗証番号はお問い合わせいただいてもお答えできません。
  • 市民部 市民課
  • 電話 0967-22-3135