学生納付特例制度

学生納付特例制度は一定の条件を満たす場合、申請をすれば、在学期間中の国民年金保険料の納付が猶予される制度です。

対象となる学生の範囲

学校教育法に定められた大学・短期大学・高等専門学校・専修学校及び各種学校の夜間部・定時制課程及び通信制課程に在学する20歳以上の方。

また、農業大学校、職業能力開発校、放送大学の全科履修生等も対象になります。

学生本人の前年所得が128万円以下(注)であること。

(注)前年所得金額が128万円+各種控除金額の合計以下であること。

学生に扶養親族等があれば、その有無及び人数によって加算されます。

(注)海外の学校に留学されている場合は対象になりません。

猶予期間

申請により在学中の保険料の納付が猶予されます。申請時点の2年1ヶ月前(すでに納付済みの月を除く)まで、遡及して申請できます。

申請には、次のことを証明する書類を添付してください。
在学期間がわかる学生証のコピー(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面のコピーを含む)または在学証明書(原本)

学生の納付特例期間の扱いについて

  1. 納付特例を受けた期間は、年金を受け取るために必要な10年の資格期間に含まれます。(合算対象期間)
  2. 学生納付特例を受けた期間は、保険料を追納しないと、受け取る年金額には反映しません。
  3. 納付特例を受けた期間の保険料は、10年以内であれば遡って納めることができます。(納めた場合は受け取る年金額に反映します)ただし、納付特例を受けたときから2年を過ぎると加算額がつきます。

詳しい内容については日本年金機構ホームページ(国民年金保険料の学生納付特例制度)でご覧いただけます。

 

  • 市民部 ほけん課
  • 電話 0967-22-3145