阿蘇市の概要

位置と地勢

阿蘇市は、熊本県の北東部、阿蘇地域の中央部に位置しており、熊本県と大分県の県境を有し、大分県の2市を含めて8つの市町村と隣接しています。市域は、東西約30km、南北約17km、面積は約376平方kmです。

地形は、阿蘇五岳を中心とする世界最大級のカルデラや広大な草原を有し、比較的平坦地の多い阿蘇谷と、それを取り巻く阿蘇外輪地域で形成されています。市の大部分が阿蘇くじゅう国立公園内にあり、野焼きに代表される人と自然の共生によって守られてきた広大な草原や、オオルリシジミをはじめとする阿蘇特有の希少動植物など、豊富な自然と様々な地域資源に恵まれています。これらの地域資源は、世界的に高く評価され、世界ジオパーク及び世界農業遺産に認定されています。

観光

熊本県観光統計による県内の地域別観光客数の推移を見ると、阿蘇地域は他地域に比べ観光客数が群を抜いて多く、平成27年には1,585万人を数え、県全体の20%を占めるほどです。阿蘇市では、県内最大の観光地であることを背景に、阿蘇ならではの特性をいかしながら多様化する旅行ニーズに即した観光の振興を進めています。

将来都市像

阿蘇市は、世界最大級のカルデラを有する雄大な阿蘇の自然景観、伸びやかに広がる田園風景、阿蘇神社などの歴史遺産や暮らしに根付いた文化・伝承等、数々の優れた資源に恵まれた地域です。また、阿蘇地域の中心にあって、九州の南北、東西交流の拠点に位置し、県内でも最大の観光入り込みを誇っています。

町村合併による誕生以来、人づくりを中心に据えたまちづくりを進めてきました。更に多様化・複雑化するニーズにこたえるため、市民・事業者・行政等の協働により、熱い情熱と大いなるチャレンジ精神を持った未来志向型の施策を展開し、誰もが住んで良かった・働いて良かった・訪れて良かったと実感できるまちづくりを進めていくため、将来都市像を次のように定めます。

阿蘇市チャレンジワードイメージ画像

~将来都市像に込めた思い~

人は、お互いがつながりを持つことで、強大なパワーが生まれます。そしてそのパワーを源にあらゆる分野にチャレンジすることで”世界のONLY ONE”となるよう、魅力あふれる新しい阿蘇市を創造・発信するという思いが込められています。

 

  • 総務部 財政課
  • 電話 0967-22-3204