ごみに関する各種補助金制度

家庭用生ごみ処理機購入費

目的

家庭から排出される生ごみの減量及び堆肥として再利用することにより、焼却時に発生する地球温暖化の主な原因となる温室効果ガスの発生を抑制することや、ごみ処理経費を削減する。

生ごみ処理機の定義

生ごみを減量化または堆肥化させる電気式の処理機

【特徴】

  • 電気で乾燥させ処理するため処理日数が少ない
  • 室内にも設置できる

補助対象者

阿蘇市に住所を有する者
阿蘇市内の販売店から購入する者

補助金額

処理機1基あたり1/2以内とし、30,000円を上限とします。
補助の対象は、1世帯あたりとし、補助金の交付を受けた場合は、その交付年度から3年間(当該年度を含む)は補助対象となりません。

手続き

処理機は市販されている電気式の処理機をご自身で選んでいただきます。購入される前に必ず市役所へ申請が必要です。見積書等の必要書類については詳しい説明を行いますので市民課までお越しください。

 

生ごみ処理容器設置事業

目的

家庭から排出される生ごみの減量及び堆肥として再利用することにより、焼却時に発生する地球温暖化の主な原因となる温室効果ガスの発生を抑制することや、ごみ処理経費を削減する。

補助対象物

市が斡旋した容器(コンポスター)

補助対象事業

市内に住居する家庭

補助金額

処理容器1個の価格から2,000円(申請者負担金)を減じた額とし、1家庭2個までとします。
注:平成29年11月1日からは1家庭1個までの助成になります。

手続き

事前に電話予約のうえ、印鑑と個人負担金(2,000円)を持参し、市民課又は各支所市民係窓口へお越しください。

 【注意】

処理容器は、家の庭や畑など土の上に設置する必要があります。

 

市民部 市民課(家庭用ごみ)
0967-22-3135
土木部 住環境課(合併浄化槽)
0967-22-3169