入札に当たっての注意点

指名業者の皆様へ
~入札に当たっての注意点~

(1) 「入札書」、「委任状」、「入札辞退届」などの宛先は、全て「阿蘇市長 佐藤義興」になります。  
(2) 入札を辞退する場合は、「入札辞退届」を入札時間までに財政課まで提出してください。(郵送の場合は前日までに必着)  
(3) 入札を代表者以外の代理の方が行う場合は、必ず「委任状」を持参し、「入札書」と一緒に提出してください。「委任状」には、代理の方の氏名使用する印鑑、入札を委任する工事(業務委託)の工事番号(委託業務番号)・名称を記入してください。  
(4) 委任を行った場合は、「入札書」には委任された方の印鑑のみを押印してください。この場合、「入札書」への代表者印の押印は不要です。  
(5)

「(見積)」などの不要の文字がある場合は、全て二重線で削除し、その上に次の印鑑を押印してください。

「入札書」の文字の削除→ 代表者が入札する場合は代表者印、委任する場合は代理人の印

「委任状」の文字の削除→ 代表者印  

(6)

「入札書」、「委任状」などは、全てボールペンなど消えない筆記具、もしくはワープロなどで記入してください。

鉛筆書きなど、消せる筆記具で記載された「入札書」や「委任状」は無効となります。  

(7)

金額の頭には必ず「¥」マークを記入してください。

「¥」マークの記入が無い入札は無効となります。  

(8) 「入札書」には、見積もった金額の110分の100の数字(消費税相当額を除いた額)を記入してください。  
(9)

建設工事の入札に参加される方には、「工事費内訳書」を提出していただきます。また、委託業務等を落札された方には、「業務費内訳書」を提出していただきます。

工事費内訳書の金額と入札額は一致させてください。

費目、各工種、種別(レベル3)に相当する項目について、その金額を記載してください。

工事費内訳書に不備がある場合、入札が無効となりますのでご注意ください。  

(10)

入札に当たっては、工事名や印鑑などをよく確認してから入札してください。また、入札書を入札箱に投かんする際は、工事番号などをよく確認し、投かん間違いの無いようご注意ください。

入札書を提出した後は、開札の前後を問わず引換え又は取り消すことはできません。  

(11) 契約金額が300万円以上の額となる場合、契約を締結するに当たって、契約金額の10分の1の額の契約保証が必要となります。入札に参加される方は、あらかじめ落札した場合の契約保証の種類を決めておいて下さい。

【契約保証の種類】

  • 現金
  • 国債及び県債
  • 銀行等の保証
  • 西日本建設業保証株式会社による保証
  • 公共工事履行保証証券(履行ボンド)
  • 公共工事履行保証保険
  • 総務部 財政課
  • 電話 0967-22-3204