マイナンバー通知カードの廃止について

法律の改正により、マイナンバーの通知カードは、令和2年5月25日(月曜)に廃止されます。

通知カード廃止後の取り扱い

通知カードの廃止後は、以下の手続きができなくなりますのでご注意ください。

1.通知カードの再交付手続き

紛失や、き損などによる再交付手続きができなくなります。

2.通知カードの住所、氏名等の記載事項変更手続き

住所や氏名変更にともなう記載事項の変更の手続きができなくなります。                      通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードに記載されている事項(住所や氏名等)が住民票と一致している必要があります。
一致していない場合は、マイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。 

通知カードの廃止後にマイナンバーを確認する方法

通知カードの廃止後、マイナンバーを証明する方法は以下のとおりです。

1.マイナンバーカード(個人番号カード)を申請する

マイナンバーカード(個人番号カード)は、顔写真がついているため身分証明書としてご利用いただけるほか、e-Tax等の電子申請、住民票などの各種証明書のコンビニでの交付ができます。
初回交付については、無料で作成することができます。
ただし、申請からカードができあがるまで、約1か月以上かかりますのでご注意ください。                             

2.マイナンバーが記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を取得する

市役所市民課または各支所市民係で、マイナンバー入りの「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」をご請求ください。手数料は1通につき300円です。また、本人確認書類と請求理由をご確認の上、ご請求ください。
(注)マイナンバーを住民票等に記載する場合は、請求理由とマイナンバーの提出先をお伺いすることになっております。あらかじめ請求理由等をご確認しておいてください。

ただし、以下の場合は窓口に来た方に直接交付することはできませんのでご注意ください。

委任者(住民票取得を依頼した本人)から委任を受けて代理で取得する場合

委任者の住民登録地へ住民票の写し等を郵送します。                            請求者ご自身またはその同一世帯員以外の方が、他の方の住民票等を代理でご請求される場合は、委任状が必要になります。

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法

出生などによりマイナンバーが新たに付番された方のマイナンバーの通知は、「個人番号通知書」により行われる予定です。

  • 市民部 市民課
  • 電話 0967-22-3135