教育長挨拶

阿南誠一郎

教育委員会では、学校教育(義務教育)、社会教育(生涯学習)、社会体育、文化の振興等に取り組んでいます。

学校教育については、少子化や校舎等の老朽化、耐震性の問題を抱える中、平成21年度に策定された学校規模適正化基本計画に基づき、平成24年4月に阿蘇中学校が開校しました。

平成25年4月には、碧水小学校と乙姫小学校が統合し、阿蘇小学校が開校しました。

平成28年4月には、一の宮中学校区の宮地・坂梨・中通・古城小学校が一の宮小学校として統合し開校しました。また、尾ヶ石東部小学校が阿蘇西小学校と先行統合し、小学校6校・中学校3校となりました。今年度は平成28年熊本地震で被災した阿蘇西小学校校舎の復旧工事に取り組み、早期復旧を目指します。 

各学校では、地域の特色や伝統文化を生かしながら、児童・生徒の生きる力の基盤となる確かな学力、豊かな心及び健康・体力等の育成をめざし教育活動に取り組んでいます。

「確かな学力」の育成には、小中連携や指導力向上、ICT教育、家庭学習の充実等を通して取り組んでいます。中学校区ごとに小中学校が連携して学力充実に取り組むとともに、教育委員会でも学校訪問や学校教育指導主事による授業参観を通して、教師の指導力の向上に努めています。また、平成27年度までに市内全小中学校に電子黒板を導入し、学びの意欲を高め、学びの定着を図るICT教育にも取り組んでいるところです。さらに、家庭学習の重要性が見直されている今日、学校と家庭との連携のもと家庭学習の習慣化にも努めています。

「豊かな心」の育成には、道徳教育の充実や人権教育の取組、体験活動の推進、児童生徒会活動の活性化等を通して取り組んでいます。特に、いじめや不登校の未然防止と解消に向けて、児童生徒が主体的に「ピースフルあそ宣言」を作成しその実践化に努めるなど、命を大切にする心の育成に取り組んでいるところです。

このような取組を通して、市内小中学校における教育の充実を現在進めています。

社会環境等の変化により、学校だけでは解決できない問題等が増加し、家庭・地域等が連携協力して、子どもたちを育むことが求められています。

阿蘇市では、地域の方々の協力を得て学校が必要とする支援活動を行う学校支援ボランティア事業の取組や、開かれた学校づくりをより一層推進するために土曜日の半日授業に取り組んでいます。また、保護者や地域の方々と連携・協働して子どもたちの成長を支えていく学校の仕組みづくりとしてコミュニティ・スクールに取り組んでいます。平成29年度までに市内3校で実践してきました。平成30年度から2校が新たにスタートし、残る4校においても文部科学省のコミュニティ・スクール推進体制構築事業の指定を受けて準備を進めており、平成31年度から市内全小中学校でコミュニティ・スクールが本格実施となります。

社会教育では、人権が尊重される社会をつくるための人権教育や、市民一人ひとりが生涯にわたって自分自身を磨き、豊かな人生をおくるための生涯学習講座、さらには、地域コミュニティ形成のための公民館活動などを行っています。

社会体育では、各種スポーツ大会の開催、共催、後援及び助成を行うとともに、新たにスポーツをしたい人、指導できる人を繋ぐため、阿蘇市スポーツリーダーバンクを設立し、総合型地域スポーツクラブを中心に、市民のみなさんの健康保持・増進にあたっています。また平成31年度からの小学校部活動の社会体育移行に向け検討委員会を立ち上げ、指導者の確保や組織づくりに取り組んでいます。

文化の振興では、阿蘇市こども芸術祭を毎年開催し、各地域に伝わる伝統芸能、合唱、器楽等の子どもたちによる見事な発表を披露しています。また、阿蘇世界文化遺産推進室は、これまで顕著な普遍的価値を証明する調査・検討を行ってきました。今後は、世界文化遺産の登録基準への適合、資産の真正性等を証明するため、さらに踏み込んだ協議を進め、国重要文化的景観への追加選定や「阿蘇」を守る保全策の検討を行ない、世界文化遺産登録を目指します。国指定重要文化財阿蘇神社をはじめとする熊本地震で被災した指定文化財については、国・県の関係機関や文化財所有者と緊密に連携して復旧支援を進めます。

今後とも、市民の皆様の付託に応えられるよう取り組んでまいりますのでよろしくお願いいたします。

教育長 阿南誠一郎

  • 教育委員会 教育部 教育課
  • 電話 0967-22-3229