高齢受給者について

高齢受給者とは

70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその月)から高齢受給者となり、自己負担割合が変わります。
かかった医療費の2割(ただし、昭和19年4月1日以前に生まれた方は1割)または3割で病院にかかることができます。
対象者は70歳以上で後期高齢者医療の適用を受けていない方です。
所得区分は毎年8月に見直され、自己負担割合が保険証に記載されます。
対象者の方については、事前に郵送(簡易書留)で保険証を送付します。

所得区分判定基準・負担割合

区分 説明 自己負担割合
現役並み所得者 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上の国保被保険者がいる世帯。ただし、70歳以上の国保被保険者の収入の合計が、2人以上の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満であると申請した場合は、一般区分と同様になります。 3割
一般 現役並み所得者、低所得者〔1〕・〔2〕に該当しない人 2割
昭和19年4月1日以前に生まれた方(1割
低所得〔2〕 同一世帯の世帯主および国保全員が住民税非課税の人(低所得者〔1〕以外の人)。
低所得〔1〕 同一世帯の世帯主および国保全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

入院時の食事代は

入院したときの食事代は、一部負担とは別に、1食分として定められた標準負担額を支払います。
【入院時食事代の標準負担額(1食あたり)】

現役並み所得者、一般 平成28年3月31日まで 260円
平成28年4月1日から平成30年3月31日まで 360円
平成30年4月1日以降 460円
低所得〔2〕 90日までの入院 210円
90日を越える入院
(過去12ヶ月の入院日数)
160円
低所得〔1〕 100円

※低所得者の方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、阿蘇市役所市民部ほけん課及び各支所市民係に申請してください。

療養病床に入院する場合の費用は

療養病床に入院したときは、一部負担金とは別に、食費と居住費を支払います。
【療養病床に入院したときの食費・居住費の標準負担額】

 区  分 食費
(一食あたり)
居住費
(一日あたり)
現役並み所得者、一般 460円(注1) 320円
低所得〔2〕 210円 320円
低所得〔1〕 130円 320円
低所得〔1〕の内、老齢福祉年金受給者 100円 0円

※低所得者の方は、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、阿蘇市役所市民部ほけん課及び各支所市民係に申請してください。
※入院医療の必要性の高い状態が継続する患者および回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、「入院時食事代の標準負担額」と同額の食材費相当を負担。
注1・・・一部の医療機関では420円の場合がありますので、詳しくは国保の担当窓口へお問合せください。

  • 市民部 ほけん課
  • 電話 0967-22-3145