遺族基礎年金

遺族基礎年金を受けられる人

国民年金に加入中か、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人が、18歳に達する年度の年度末までの間にある子(障害者は20歳未満の子)を残してなくなったとき、次の条件を満たせば、生計を維持されていた子がいる配偶者やお子さんが受けられます。

死亡した月の前々月までに、保険料を納めた期間(免除期間を含む)が加入期間の2/3以上であること。ただし、令和8年3月末までは、死亡月の前々月までの直近1年間に、保険料の滞納がなければよいことになっています。

年金額(令和元年度額)

  子のある配偶者受けるとき 子が受けるとき
子の数 基本額 加算額 合計額 基本額 加算額 合計額
1人のとき 780,100円 224,500円 1,004,600円 780,100円 0 780,100円
2人のとき 780,100円 449,000円 1,229,100円 780,100円 224,500円 1,004,600円
3人以上のとき 2人のときの合計額に、子1人につき年額74,800円を加算した額 2人のときの合計額に、子1人につき年額74,800円を加算した額。

詳しい内容については日本年金機構ホームページでご覧いただけます。

  • 市民部 ほけん課
  • 電話 0967-22-3145