住宅改修

日常生活の自立を助けるため、手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をしたとき申請に基づいて介護給付の支給があります。

給付対象となる住宅改修例

  • 廊下や階段、浴室やトイレなどへの「手すりの取り付け」
  • 「段差解消」のためのスロープの設置など
  • 滑りの防止などのための「床または通路面の材料の変更」
  • 引き戸などへの「扉の取り替え」
  • 洋式便器などへの「便座の取り替え」

(注)上記の改修にともなって必要となる工事も支給の対象となります。

対象者

介護認定(要介護・要支援)を受けている方

助成額

20万円を限度として給付率を乗じたもの

(注)転居したり要介護状態が著しく重くなった場合は、あらためて支給限度額20万円分の住宅改修費の助成が受けられます。

【例】
利用者負担割合区分が「1割(注)」負担の方で工事金額20万円の場合

〔費用負担内訳〕
 保険給付額 18万円(9割)
 自己負担額  2万円(1割)(注)一定以上所得のある方は2割又は3割となります。

住宅改修利用の手順

  1. 家族や専門家などに相談
    本人だけでなく家族で話し合い、心身の状況などを考慮しながら、ケアマネージャーや理学療法士などの専門家に相談します。
  2. 市への事前申請/確認
    【提出書類】
    ・住宅改修費支給申請書
    ・工事費見積書
    ・住宅改修が必要な理由書
    ・住宅所有者の承諾書(改修の利用者と住宅の所有者が異なる場合)
    ・改修部分の写真や図面(改修後の完成予定の状態がわかるもの)など
  3. 工事の実施
  4. 住宅改修費の支給申請(工事後)
    【提出書類】
    ・住宅改修に要した費用の領収書
    ・工事費内訳書
    ・完成後の状態を確認できる書類(改修前、改修後の日付入りの写真を添付)
  5. 住宅改修費の支給
  • 市民部 ほけん課
  • 電話 0967-22-3145